環境に貢献できる!?壁面緑化をする意義とは

壁面を日ざらしのままにしておくと

地球温暖化が叫ばれて久しい時代ですよね。その実、気温はどんどんと上昇し、夏場には多くの熱中症患者を生み出してしまっています。その原因の一つとして考えられているのが、いわゆるヒートアイランド現象と呼ばれるものです。太陽熱を反射しやすいコンクリートやアスファルトの多い都市部地域において熱がこもり、気温が上昇してしまうというものです。これは、ビルなどの壁面が日ざらしになっているということも大きく関わっているのです。

壁面緑化を進めることによって

日ざらしになったビルや建物の壁面に太陽光が直接当たると、その壁面が太陽光を反射して、さらにその熱を強めてしまうこともあります。しかしそこにこそ、壁面緑化を進める契機が生まれると言えます。というのも、壁面緑化を進めることによって、太陽光の反射を限りなく抑える高尾が可能なのです。壁面に緑が施されれば、その緑が太陽光の反射を阻害し、効率よく熱を吸収してくれます。こうすることによって、ヒートアイランド現象の解消につながると見込まれているのです。

エネルギー問題にも寄与する

壁面緑化は、ヒートアイランド現象を和らげる効果が期待されますが、それ以外にも近年のエネルギー問題にも寄与するところがあります。太陽熱を壁面に施された緑がうまく緩和することで、建物内の室温にも良い影響を与えます。とりわけ夏場にはしばしばエネルギー問題が浮上する世の中ですが、壁面緑化をすることによって、室温が上昇しすぎることを防ぐことができ、冷暖房などのエネルギーの無駄な消費を防ぐことができるのです。

建物に植物を這わせる壁面緑化は断熱効果が高い一方で、害虫や病気の発生を防ぐことが重要になります。また、植物が枯れないように水や肥料を正しい手順で与える必要があるので手間がかかるのが欠点です。